給排水管劣化診断調査

給水管はなぜ錆びるの?

昭和40年代頃までに建てられたマンションについては、亜鉛メッキ鋼管(白ガス管)が使用され、管内全面に錆が発生し、腐食・赤水の原因になっていました。

昭和50年以降に建てられたマンションは、硬質塩化ビニルライニング鋼管が使用されるようになります。直管部分の配管は、管内がビニル管のため、錆びない構造になっていますが、管と管をねじ接合する接手部分やバルブ等の接続部分では、防錆処置が完全でないため、腐食の劣化が進行します。

平成になるとコア内蔵接手(管端防食接手)が採用されるようになり、ほとんど錆が見られないようになってきました。しかし、ねじ込みのあまさや施工の質により、完全な防錆処置ができず、錆が進行している状況も見られます。また、ほぼ錆びないステンレス鋼管やポリエチレン管、耐衝撃性硬質塩化ビニル管を採用する建物も増えてきました。

銅管 塩ビ管

配管内カメラ調査

マンション(集合住宅)・学校・工場・店舗・病院・老人施設・娯楽施設等の配管内の状況を内視鏡カメラで確認します。さまざまな方法で配管調査を実施できます。

内視鏡調査 超音波肉厚測定 X線検査 抜管検査


  • カメラ調査(給水管)

  • カメラ調査(キッチン排水)

  • カメラ調査 

設備のメンテナンス・配管工事のプロが診断調査を行います。人間の健康診断と一緒です。老朽度を正確に把握し、不備による事故を未然に防ぎ、長期計画の検討資料に使うことができます。
診断後、修理・改修工事の見積りができます。見積り無料です。お気軽にお問合せください。

資料ダウンロード